医院ブログ

2018.06.07更新

皆様、こんにちは。
院長の山本康博です。

 

先日、「インプラントオーバーデンチャー」というものについてのセミナーに出席しました。
インプラントオーバーデンチャーという言葉を聞くのはほとんどの方は初めてだと思いますが、実は基本的な考え方は何年も前からあり入れ歯で困っている患者さんにはお勧めの方法です。私自身何年もこの治療法を行なってきました。
このインプラントオーバーデンチャーとはインプラントの上に(オーバー)乗せる入れ歯(デンチャー)という意味です。
と、文字にしても良くわかりませんよね…
一般的には「インプラント」と聞くと、「インプラント」という言葉をご存じの患者さんでも下図のように
「チタン製のネジを骨の中に埋め込みそのネジの上に被せ物を乗せて機能させるという治療法」
を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

 

 インプラント

インプラントは歯を失い入れ歯が合わない人にもっと美味しく食事をできるようにしてくれる有用な方法です。
ただ、上記の方法はインプラントのネジを入れたい場所の骨がないと新たに増骨(骨を作ること)が必要になり治療が困難になってしまったり、歯をすべて失った患者さんに行なうと本数がどうしても多くなるため治療費が高額になってしまい患者さんに治療を受けることを躊躇させてしまうことがマイナス面でした。

入れ歯は歯茎の上に乗せるものなので食べ物を噛むとどうしても入れ歯の硬い床の部分が歯ぐきに食い込みます。この食い込むことが入れ歯が噛みにくいと感じてしまう原因の一つになってしまいます。無理な力で噛み続けると入れ歯の下の歯茎が傷ついて痛くて使えなくなったり、入れ歯の金具がかかっている歯をダメにしたりするということになってしまいます。

 

長くなりましたので、

次回、インプラントオーバーデンチャー②に続きます。