入れ歯治療

最適な入れ歯をご提供

失った歯の機能を回復させる方法として、入れ歯治療があります。入れ歯治療には、インプラント治療と比べて「費用が抑えられる」「治療期間が短い」「外科手術が不要」などのメリットがあります。一方、装着時に違和感が生じたり、硬いものがしっかり噛めなかったりするなどのデメリットもあります。

 

宇治市のやまもと歯科では患者さんのお口の状態や年齢、ご希望などに応じて適切な方法をご提案させていただきます。入れ歯の作製に際しては、お一人おひとりのお口に最適なものをご提供いたしますので、「入れ歯が合わなくて困っている」という方などはお気軽にご相談ください。

入れ歯とインプラントの比較

  入れ歯 インプラント
治療方法
  • 部分入れ歯
    欠損部分のまわりの歯にクラスプ(金属のバネ)をかけて入れ歯を固定します
欠損部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に人工歯を装着させます
メリット
  • 保険が適用のものもあるので、費用が抑えられる
  • 治療期間が短い
  • 外科手術が必要ない
  • 天然歯同様の噛み心地が得られる
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 見た目を自然することが可能
  • まわりの歯に負担がかからない
  • ほとんどの場合、歯を削る必要がない
デメリット
  • 違和感が生じる場合がある
  • 口元の審美性が損なわれる場合がある
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長くなることがある
  • 保険が適用されない

取り扱う入れ歯装置の種類

  • 保険の入れ歯
  • ノンクラスプデンチャー
  • 金属床入れ歯