一般歯科

むし歯について

進行する前にご相談ください

むし歯は、初期にはほとんど自覚症状が現れない病気です。進行するにつれて「歯が痛む」「冷たいものがしみる」などの症状が現れます。症状が出れば出るほど治療が大がかりになり、大切な天然歯を失うことに繋がりますので、お早めに宇治市のやまもと歯科までご相談ください。

むし歯の原因

むし歯は、口腔内のむし歯菌が食べ物などに含まれる糖分から産生した酸により、歯が溶かされていく病気です。むし歯ができる直接的な原因として、次のようなものが挙げられます。

むし歯菌の量

むし歯菌の量が多ければ多いほど、むし歯になるリスクが高くなります。

糖分

糖分が多ければ多いほど、むし歯菌の活動が活発になります。

歯質・唾液の質

むし歯になりやすい歯質だったり、唾液の量が少なかったり、酸に弱い性質だったりすると、むし歯になるリスクが高くなります。

痛みの少ないむし歯治療

「むし歯治療=痛い」とお考えの方も多いかと思います。そのため、治療が怖くて歯医者での治療を敬遠されている方も少なくありません。当歯科医院では、そうした方にも安心して治療を受けていただくために、痛みの少ないむし歯治療を心がけています。

表面麻酔

麻酔注射を施す部位に表面麻酔を塗布して、注射時の痛みを軽減させます。

極細の注射針

33G(ゲージ)という、最も細い注射針を使用しています。

電動注射器

最新の電動注射器を使用して、麻酔液の注入速度を一定に保ち、痛みの発生を抑えています。

テクニック

痛みを感じにくい部位を選んで、痛みを抑える特別なテクニックを駆使して麻酔を実施します。

むし歯の再発を繰り返す患者さんへ

むし歯の再発防止のためには、定期検診の受診が欠かせません。優れた技術を持つドクターによる精密な治療を受けても、定期検診をおろそかにしてはむし歯になるリスクは高まり、最悪の場合、歯を失うことに繋がります。

また、むし歯が再発する根本原因をよく理解することも大切です。再発の原因には「ブラッシング不良」「被せ物、詰め物の形態の不良」「歯並びが悪い」など様々なものがありますが、お一人おひとりのお口の中をよく確認し、原因を追究して、治療終了までに可能な限り複数回ご説明するようにしています。

歯周病について

早期発見・早期治療が肝心です

歯周病は、口腔内の歯周病菌が、歯を支えている顎の骨や歯茎などを徐々に溶かしていく病気です。自覚症状がほとんど現れないまま進行するため、定期検診などにより常に口腔内の状態をチェックして、早期発見・早期治療をはかることが重要となります。

歯周病の治療について

スケーリング

軽度の歯周病に対して行う治療です。「スケーラー」と呼ばれる専用器具を使って超音波で振動し、歯と歯の境目や、歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)・歯石の汚れをきれいに除去します。

ルートプレーニング

「キュレット」と呼ばれる専用器具を使って、歯周ポケットの奥深くに入り込んだ歯垢・歯石をきれいに除去します。最後に歯の表面を研磨することで、汚れの再付着を防止します。こちらは、衛生士の技術により、除去の具合が左右されますが、当院では、十分に経験のある衛生士が担当するのでご安心下さい。

フラップオペ

歯周病が進行して、スケーリング、ルートプレーニングでは除去しきれない歯周ポケットが6mm以上まで深くなった場合などに行う外科的処置です。歯茎を切開して、歯根の先端に付着した歯石や汚染組織などをきれいに除去します。

歯周再生療法

歯周病菌の感染により、破壊された歯周組織を再生させる治療です。自費診療になりますが、当院では「人工骨」「エムドゲイン」という特殊なタンパク質を用いることで、失われた歯茎や、歯のまわりの骨の再生をはかります。