診療メニュー

一般歯科

虫歯が進行する前にご相談ください

むし歯は、初期にはほとんど自覚症状が現れない病気です。進行するにつれて「歯が痛む」「冷たいものがしみる」などの症状が現れます。症状が出れば出るほど治療が大がかりになり、大切な天然歯を失うことに繋がりますので、お早めに宇治市のやまもと歯科までご相談ください。

小児歯科

お子様の治療で一番大切なこと

宇治市のやまもと歯科で子供の治療で一番大切にしていることは、
「歯医者を好きになってもらう」
ことだと思っています。
むし歯や歯を失っていることが目立つ成人の方は、幼少期に無理やり体を押さえつけられて治療をされたなどの理由で、歯科医院に苦手意識を持って定期的に通院しなかった方が多いです。もちろん、無理やり治療をしたりはしません。子供が歯医者の雰囲気に慣れるのを待って、焦らずゆっくりと治療します。

 

予防歯科

自分の大切な歯を維持

やまもと歯科では予防歯科を重視しています。予防歯科が大切な理由、それは天然歯を維持するために欠かせないものだからです。ご自宅で毎日きちんとブラッシングしていても、お口の中の汚れをすべて取り除くことはできません。磨き残しがあると、それが原因でむし歯や歯周病などの病気にかかり、歯を失うことに繋がります。
さらに、抜けた歯をそのままにしておくと、欠損部分にまわりの歯が倒れ込んできて、噛む力が加わることで別の歯が抜けてしまうなどの「負の連鎖」が生じる場合があります。

 

インプラント治療

見た目も自然で自分の歯同様の噛み心地

インプラント治療とは、歯を失った箇所の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に人工歯を装着させることで噛む力を回復させる治療です。ご自身の歯と同様に顎の骨にしっかりと固定されるので、ご自身の歯同様の噛み心地を実現させることが可能です。また人工歯にセラミックを使用するので、自然な見た目に仕上げることができます。

 

入れ歯治療

一人ひとりにあった入れ歯をご提案

患者さんのお口の状態や年齢、ご希望などに応じて適切な方法をご提案させていただきます。入れ歯の作製に際しては、お一人おひとりのお口に最適なものをご提供いたしますので、「入れ歯が合わなくて困っている」という方などはお気軽にご相談ください。 

親知らず

痛み・腫れを抑えて抜歯します

親知らずとは、歯並びの一番奥から生えて来る歯のことで(生えて来ない方もいます)、正式には「第三大臼歯」と言います。親知らずが斜めや横向きに生えていると、まわりの歯のむし歯・歯周病の原因となったり、手前の歯を押して歯並び・噛み合わせを乱したりするなど、様々なトラブルが起こる場合があります。

こうしたトラブルが起こっている場合、また起こる可能性が高い場合には、抜歯を検討する必要があります。

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは、「口が大きく開かない」「顎を動かすと痛む」「顎を動かすとカクカクと音が鳴る」などの症状の総称で、噛み合わせの異常や歯ぎしり・食いしばりなど様々な原因で起こります。症状が進行すると、肩こりや頭痛などの不定愁訴を引き起こすこともあります。

審美治療

セラミックを活用した審美治療

セラミック治療とは、銀歯などの歯科材料ではなく、白くて透明感のあるセラミック製の被せ物を活用して口元を美しくする治療です。また機能面でも歯石が付きにくいため歯周病予防する効果もあります。当院では、美しさはもちろんのこと、「ものを噛む」というお口の機能性にもこだわった治療をご提供します