顎関節症・嚢胞(のうほう)

顎関節症について

顎関節症とは

顎関節症とは、「口が大きく開かない」「顎を動かすと痛む」「顎を動かすとカクカクと音が鳴る」などの症状の総称で、噛み合わせの異常や歯ぎしり・食いしばりなど様々な原因で起こります。症状が進行すると、肩こりや頭痛などの不定愁訴を引き起こすこともあります。

顎関節症の治療

当院長は口腔外科学会で顎関節症について研究発表を行いましたが、未だに顎関節症は難しい症状だと認識しています。「これをすれば確実に治せる」という治療法がない場合もあるのです。
そのため、一般開業医でできること・できないことをしっかりと線引きして、できない場合にはいたずらに治療を長引かせずに、繋がりのある専門医をご紹介させていただきます。そうすることが、症状軽減への一番の近道になることが多いのです。

嚢胞(のうほう)

嚢胞とは

嚢胞とは、神経が死んだ歯根の先などにできる膿が溜まった袋のことです。小さいものであれば根管治療などで対応することが可能ですが、大きなものは外科手術を行って摘出しなければいけないケースもあります。