入れ歯

総入れ歯に最適なケース

総入れ歯に最適なケース

総入れ歯のメリットは、保険内の総入れ歯か、保険外のいくつかの総入れ歯かで、異なってきます。コスト面と機能面を考えて、また、デメリットも含めて総合的に選択する必要があります。それらを踏まえた上で、様々なメリットを挙げてみます。

コスト面において

まずはコスト面においては、断然、保険の総入れ歯が安価です。安価であるというメリットは、最初に作ったときに要した費用だけでなく、将来的なメンテナンスにも関係します。

例えば、総入れ歯の土台となる歯肉も骨も弱い場合、将来的にさらに衰えて口腔内の形が変化し、作った総入れ歯が合わなくなる場合があります。

保険の総入れ歯はとてもシンプルなデザインなので、修理で済む場合は、修理しやすいメリットがあります。しかし、修理では間に合わないほど口腔内環境が変化した場合は、新しく作り直しになります。

上顎下顎どちらか一方で約1万円ですから、それを3年に1回ペースで5回作り直しても5万円で、保険外のどの総入れ歯1回分と比較しても割安です。

機能面において

機能面においては、保険外の総入れ歯に軍配が上がります。

金属床義歯のメリットは、床を薄く作れるため、装着の違和感が少なく、話しやすいです。金属の熱伝導は優れているので自然な体感温度になります。また、金属は汚れや臭いが付着しにくいため、お手入れがしやすく、衛生的です。

インプラント義歯はすべての総入れ歯の中で最も高額で、高額に見合う最高級の安定感を目指しており、噛む力も非常に優れています。どのタイプの総入れ歯を選択するかはコストと機能の両面で検討し、当院としましては最適な選択をサポートいたします。

部分入れ歯とは

部分入れ歯とは

部分入れ歯は、ご自身の歯が残っていて、一部の歯だけを補うために使われます。部分入れ歯は、自分の歯に固定する金具(クラスプと言います)で固定していますが、取り外しも容易です。

部分入れ歯に最適なケース

部分入れ歯のメリットは、保険内の入れ歯か、保険外のいくつかの入れ歯かで、異なってきます。コスト面と機能面を考えて、また、デメリットも含めて総合的に選択する必要があります。それらを踏まえた上で、様々なメリットを挙げてみます。

コスト面において

まずはコスト面においては、断然、保険の入れ歯が安価です。

安価であるというメリットは、最初に作ったときに要した費用だけでなく、将来的なメンテナンスにも関係します。

例えば、入れ歯の土台となる歯や歯肉も骨も弱い場合、将来的にさらに衰えて口腔内の形が変化し、作った入れ歯が合わなくなる場合があります。保険の入れ歯は、修理で済む場合は、修理しやすいメリットがあります。しかし、修理では間に合わないほど口腔内環境が変化した場合は、新しく作り直しになります。保険外の入れ歯と比較しても割安です。

機能面において

機能面においては、保険外の総入れ歯に軍配が上がります。

保険適用外で作られる入れ歯の一つで、部分入れ歯を支える為に他の歯に固定する金属(クラスプ)いわゆるバネが無い入れ歯です。金属を使用しないので見栄えが自然で、金属アレルギーの心配もありません。

金属床義歯のメリットは、床を薄く作れるため、装着の違和感が少なく、話しやすいです。金属の熱伝導は優れているので自然な体感温度になります。また、金属は汚れや臭いが付着しにくいため、お手入れがしやすく、衛生的です。

インプラント義歯はすべての総入れ歯の中で最も高額で、高額に見合う最高級の安定感を目指しており、噛む力も非常に優れています。どのタイプの総入れ歯を選択するかはコストと機能の両面で検討し、当院としましては最適な選択をサポートいたします。

入れ歯の材質

入れ歯の材質

レジン床

基本素材としてレジンと呼ばれるプラスチックが使用されます。削ったりしやすいので修理しやすいメリットがあります、レジンは摩耗や変色などの劣化が起きやすいそこに部分入れ歯であれば、金属の留め金(クラスプと言います)を用いていきます。

金属床

食べ物の温度を伝えてくれやすいので、食べてる食感が良くなりご飯をよりおいしく食べることができるのと、保険の入れ歯より1/3以上薄く作れるので舌が動かしやすくなるのでより楽しい会話を楽しむことができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーのメリット

  • クラスプという金属のバネがないので、人から見える位置に入れ歯を装着しても目立ちにくいです
  • 保険適用の入れ歯と違い、柔軟性があるので装着感が向上します

ノンクラスプデンチャーのデメリット

  • 一般的には強度はそこまで高くないので、噛み合わせによっては壊れやすいですといわれていますが当院で採用しているTUMデンチャーは強度が高く壊れることも少ない
  • 機能的には保険の入れ歯とたいして差がありません
  • 保険治療適応外

完成までの流れ

  1. カウンセリング
  2. 型取り
  3. 計測
  4. 試着
  5. 調整
  6. 治療終了
  7. メインテナンス
やまもと歯科 大久保院

Clinic Information医院情報

宇治市大久保駅・新田駅すぐの歯医者
患者様一人一人に合わせた治療方法をご提案

診療時間 日祝
8:30~13:00
14:30~18:00
- - - -
9:00~13:30 - - - - -
15:00~18:30 - - - - - -

休診日:月曜・日曜・祝日

やまもと歯科 大久保院やまもと歯科 大久保院
やまもと歯科 大久保院所在地Google MAP
〒611-0031 京都府宇治市広野町⻄裏87番地
ザ・ガーデンコミューンC棟1階・3階
やまもと歯科 大久保院電⾞でお越しの⽅へ
近鉄京都線「⼤久保駅」より徒歩1分
JR奈良線「新⽥駅」より徒歩1分